治療について-よくある質問-/鍼治療後に症状が悪化しました。心配ないですか?
鍼灸治療に関する不安や疑問に答える鍼灸整骨治療の専門集団 鍼治療後に症状が悪化しました。心配ないですか?

症状の悪化

治療をした翌日、首の痛みが悪化しました。
てっきり、鍼治療が原因だと思ったのですが・・・。
ていねいに状態を説明してもらい納得しました。(長野市 青木 智様)

はじめまして、森上鍼灸整骨院の吉池です。
長野県で、西洋医学の代替医療としての、鍼灸治療に取り組んでいます。

原因がなく悪化した痛みやしびれは、
首や腰が曲がっていることが原因です。

そんな状態の体に鍼治療をすると、
関節が緩んで、一時的に症状が悪化することがあります。

急に動き過ぎたことが原因なので心配はいりません。

もともと、鍼治療を受けることが怖かった鍼灸師が答える。
鍼灸治療に関する、よくある質問です。 院長 吉池 弘明

青木 智様
2017/08/30

森上鍼灸整骨院・ホーム > 治療について-よくある質問- >鍼治療後に症状が悪化した気がします。

鍼治療後に症状が悪化しました。心配ないですか?

翌日の悪化は動きすぎが原因です。

鍼治療は、体の機能を取り戻しながら症状を改善する治療です。痛み止めや安定剤で症状を抑える治療ではないので、良くなったり悪くなったりを繰り返しながら症状が改善していきます。一時的に症状が悪化することもあるので、担当鍼灸師にご相談ください。

よくある相談

◆鍼あとの痛みが悪化した。◆

置鍼中(鍼を刺したままで時間を置くこと)に顔の向きを変えたりすると、筋肉に鍼が引っ張られて鍼の痛みが強くなることがあります。この痛みは1時間~2日程度で収まります。刺激が強かった分、その後の回復は早まります。

鍼を刺した時に内出血があると、一時的に痛みが悪化することがあります。治療の翌日、痛みの中心部分に内出血のあとが見つかります。この痛みは1日~2日程度でなじみます。その後、代謝が高くなるので回復は早まります。

◆手足のしびれが悪化した。◆

しびれは神経の血液循環が悪くなることで起こります。鍼治療をすることで神経の血液循環が改善すると、一時的にしびれが悪化したような感じがすることがあります。その後、神経線維の回復が徐々に始まります。

◆ヘルニアの痛みが悪化した。◆

お薬で痛みだけを抑えていると、つぶれた椎間板に合わせて背骨が曲がってしまうことがあります。鍼治療で背骨の機能が戻り出し、寝返りや起き上がり動作が速くなると、一時的に痛みが悪化することがあります。背骨の回復具合に合わせて動くことで痛みは良くなります。

◆めまいや耳鳴りが悪化した。◆

自律神経が影響するめまいや耳鳴りは、不安で症状が悪化することがあります。自律神経は安定を好むので、治療法が変わったり、担当の先生が変わったりするだけで調子を崩します。自律神経が繊細な方に多く起こりますが、鍼治療の刺激量が合うと順調に回復します。

心配なことは、担当鍼灸師にご相談ください。

柔道整復師 受付 鍼灸師


関節が固まっていたり、自律神経のバランスが崩れていたりすると、健康な時は何でもなかったような動きや、天候の変化で症状が悪化することがあります。治療に関する不安や心配な事がありましたら担当鍼灸師にご相談ください。一刻でも早く、皆様の健康を取り戻すお手伝いをさせて頂きます。

<<<治療について-よくある質問-に戻る
長野県須坂市 森上鍼灸整骨院地図

森上鍼灸整骨院

フリーダイヤル:0120-89-1689受付時間7:00~19:00(日・祝は15時まで)