治療について-よくある質問-/鍼灸治療は、保険がききますか?
鍼灸治療の不安にお答えします/鍼灸治療は、保険がききますか? 鍼灸治療は、保険がききますか?

主題

健康な体づくりをサポート。最適な治療プランをご提案。

このページは現在制作中です。

日付

鍼灸治療は、保険がききますか?

健康保険は、適用できます。 名目的には、神経痛、リウマチ、腰痛、五十肩、頸肩腕症候群、頚部捻挫後遺症について医師の診断、同意書がある場合摘要できます。

診断書の場合は最長3ヶ月、同意書の場合は最長6ヶ月保険を使って鍼治療をすることができます。

ただし、 鍼治療をしている間は、同一の疾患で他の医療機関の受診はできません。 また、西洋医学的に治療効果があがらないというのが前提になること、制度的に一般的に理解されていないこと、ごく少数なのですが残念なことに患者さんのための制度を自分たちの制度と勘違いし 同意書を書いてくれない医師がいること等により、なかなかスムーズに事務的な手続きが行なえないのが現実のようです。

労災保険の適用も可能です。労災の適用は健康保険とは少し違って、神経が関わった痛みに関するすべての疾患が対象になります。対象の痛みが、鍼治療により軽減される可能性があると言う医師の診断書があれば可能になります。しかし、労災自体が健康保険に比べて使われる頻度が低いため、鍼治療が行なわれる率も低いのが現実のようです。

当院では、電気治療は保険を使って、鍼治療は自由診療でおこなっています。両方を併用することによって相乗効果を期待できますが、保険診療では、一度に同じ場所を保険を使う事ができませんので、いずれにしろどちらかが自由診療になります。 電気治療を保険診療にしたほうが患者さんにとってメリットが多いので、当院では鍼治療は自由診療になっています。治療費は、ぎっくり腰の場合、保険を使った電気治療の費用が社会保険本人の方で450円程度、鍼治療が300円前後で、あわせて750円前後で治療しています。(初診時は、あわせて1500円程度となります。)


森上鍼灸整骨院の治療の鍼の種類

当院では、ご要望に応じて3種類の針をご用意しております。
1回の治療におおよそ20~30本の鍼を使用します。
スタンダード→ハイグレード→オリジナルにいくほど、痛みはより少なく体に優しくなります。

スタンダードタイプ(中国製) ハイグレードタイプ(日本製) オリジナル(日本製)
スタンダードタイプ(中国製100倍に拡大した画像) ハイグレードタイプ(日本製100倍に拡大した画像) オリジナルタイプ(日本製100倍に拡大した画像)
スタンダードタイプ(中国製10000倍に拡大した画像) ハイグレードタイプ(日本製10000倍に拡大した画像) オリジナルタイプ(日本製10000倍に拡大した画像)
普通の鍼灸院で使われているタイプの鍼です。鍼先の研磨方法が簡易的になっています。鍼を多く使う方、鍼になれた方におすすめです。 鍼先の研磨にスタンダードタイプの3倍の時間をかけました。医療用シリコンが塗られているので抵抗が少なく、皮膚に負担がかかりません。 鍼灸のプロがこだわって作った鍼です。皮膚の弱い方、過敏な方、金属アレルギーのある方、細かい刺激操作が必要な方におすすめです。
<<<治療について-よくある質問-に戻る

長野県須坂市 森上鍼灸整骨院地図

森上鍼灸整骨院

フリーダイヤル:0120-89-1689受付時間7:00~19:00(日・祝は15時まで)