治療について-よくある質問-/治療開始時より、徐々に鍼が痛くなったように感じるのですが?
鍼灸治療の不安にお答えします/治療開始時より、徐々に鍼が痛くなったように感じるのですが? 治療開始時より、徐々に鍼が痛くなったように感じるのですが?

主題

健康な体づくりをサポート。最適な治療プランをご提案。

このページは現在制作中です。

日付

森上鍼灸整骨院・ホーム > 治療について-よくある質問- >治療開始時より、徐々に鍼が痛くなったように感じるのですが?

治療開始時より、徐々に鍼が痛くなったように感じるのですが?

初めて鍼治療を受ける患者さんは、不安等で自然に力が入っている場合が多く、なかなか効果的な角度と深さで鍼を刺すことができません。したがって鍼を深く刺すことをしていませんので、痛くないのかもしれません。 また、鍼治療に徐々に慣れてくると、痛みを考える余裕が出てくるので痛く感じるのかもしれません。いずれにしろ痛みはそのときの精神状態によっても強く左右されますので、痛みの強い場合は遠慮なく申し出てください。

初めて鍼治療を経験された患者さんで、2~3回の治療後、初めに治療したときよりも鍼が痛い感じがするという患者さんがいます。別段手を抜いて粗雑になっているわけではないのですが痛くなったという患者さんが多くなります。

ただよく確認すると、重い荷物を載せられているような痛みと表現される方が多いので 鍼のヒビキのことを痛いと言われてるのではないかと思われます。これは、体の筋膜等に鍼があたったときの痛みで昔の人はツボに鍼が入ったとか表現される痛みです。別に鍼の刺し方が失敗したわけではありません。

初めのころは緊張されているのでヒビキがわからなかったのかもしれないし、他の痛みがよくなったので、鍼の感覚がわかってきたのかもしれません。

鍼の痛みには大きく別けて2種類、鍼が皮膚を突き抜ける時の鋭い痛みと体の奥くでひびくように感じる鈍い痛みに分けられます。鈍い痛みに関しては、慣れると心地よく感じます。

鋭い痛みは鍼が痛点にあたったり、細い血管にあたったためなので、我慢せずにすぐに先生に言ってください。たいした障害はありませんが、鍼を刺している間中痛かったり、内出血することがあります。

奥でずしんと重くヒビク痛みでは、鍼になれると痛気持ちいいと表現される方が多いのですが、鍼治療に対する安心感や慣れがないと痛いという表現になってしまいます。
痛くなく、ヒビかせない鍼をすることは十分可能なので、遠慮なくご自分の痛みのレベルを先生に伝えてください。


森上鍼灸整骨院の治療の鍼の種類

当院では、ご要望に応じて3種類の針をご用意しております。
1回の治療におおよそ20~30本の鍼を使用します。
スタンダード→ハイグレード→オリジナルにいくほど、痛みはより少なく体に優しくなります。

スタンダードタイプ(中国製) ハイグレードタイプ(日本製) オリジナル(日本製)
スタンダードタイプ(中国製100倍に拡大した画像) ハイグレードタイプ(日本製100倍に拡大した画像) オリジナルタイプ(日本製100倍に拡大した画像)
スタンダードタイプ(中国製10000倍に拡大した画像) ハイグレードタイプ(日本製10000倍に拡大した画像) オリジナルタイプ(日本製10000倍に拡大した画像)
普通の鍼灸院で使われているタイプの鍼です。鍼先の研磨方法が簡易的になっています。鍼を多く使う方、鍼になれた方におすすめです。 鍼先の研磨にスタンダードタイプの3倍の時間をかけました。医療用シリコンが塗られているので抵抗が少なく、皮膚に負担がかかりません。 鍼灸のプロがこだわって作った鍼です。皮膚の弱い方、過敏な方、金属アレルギーのある方、細かい刺激操作が必要な方におすすめです。
<<<治療について-よくある質問-に戻る

長野県須坂市 森上鍼灸整骨院地図

森上鍼灸整骨院

フリーダイヤル:0120-89-1689受付時間7:00~19:00(日・祝は15時まで)