耳鼻咽喉科疾患|ギラン・バレー症候群の顔面神経麻痺
副作用のない自然な方法で、ギラン・バレー症候群を治す鍼灸整骨治療の専門集団。 顔面神経麻痺は、鍼灸治療で治りますか?

ギラン・バレー症候群|顔面神経麻痺の鍼治療

手足の動きはよくなったのですが、口が閉まらなくなってしまいました。
病院の先生に相談して、思い切って鍼治療をすることになりました。

言葉も聞き取りやすくなったと旦那にいわれるようになりました。
ありがとうござました。

はじめまして、森上鍼灸整骨院の吉池です。
長野県で、西洋医学の代替医療としての、鍼灸治療に取り組んでいます。

ギランバレーの顔面神経麻痺は、両側に起こるのが特徴です。
目の動きだけにとらわれると、唇と頬の筋肉が萎縮して口が閉まらなくなります。

口の動きや舌の動きの麻痺は鍼治療が効果的です。
神経に直接、微弱な電量を流すことで、神経線維の回復が早まります。

ギランバレーの顔面麻痺は必ず回復します。 吉池 弘明

2017/06/26

森上鍼灸整骨院・ホーム > 鍼で治す耳鼻咽喉科の病気 >ギラン・バレー症候群の顔面神経麻痺

ギラン・バレー症候群|顔面神経麻の原因

回復後

自分の免疫が末梢神経を攻撃するのが原因です。

神経は電線のように絶縁体と中の線維でてきています。ギラン・バレー症候群は、絶縁体がはがれ落ちたり、神経線維が痛むことで、体の調子が保てなくなります。

免疫異常がでる誘因として、インフルエンザや風邪にかかったことが原因になることが多くあります。

患者様の声

 


ギラン・バレー症候群|顔面神経麻痺の症状

免疫細胞に攻撃される神経細胞

私たちの治療室に来院される患者様のほとんどは、インフルエンザに感染した後に発症しています。
自律神経の線維を痛めると、下痢になったり、血圧が高くなったりします。

ギランバレーの顔面神経麻痺は、ベル麻痺やハント症候群の麻痺と違って両側に顔面神経麻痺がおこります。ベル麻痺やハント症候群では、目を閉じることができなくなりますが、ギラン・バレー症候群の顔面神経麻痺では、比較的、目を閉じることができます。

舌の動きも麻痺するので、しゃべることや、物を飲み込むことができにくくなります。

呼吸や運動動作の治療が先行されるので、顔の表情を作る筋肉が拘縮をおこします。とくに、頬の筋肉が拘縮をおこすことが多いので、上唇が引き上げられて、口を閉じることができなくなります。

神経線維が回復する時に、リハビリを間違うと、顔の異常運動が出ます。目を閉じると下唇が動くことが比較的多い後遺症の症状です。


病院での治療

生命の維持や、生活に必要な運動機能を取り戻すことが主体になります。
発症じは免疫グロブリンを使って自己免疫疾患の治療ををします。呼吸機能を維持しながら、ギラン・バレー症候群の終息を待ちます。その後、手足のリハビリや、物を飲み込むリハビリをします。

顔面神経麻痺の治療や、顔面神経麻痺の後遺症の治療は、他の治療の後に回ってしまうので、積極的に行われません。 その結果、顔の筋肉に拘縮や病的な運動がでて、口を閉じることができなくなったり、目の動きに連動してしまうので病的な顔の運動が残ってしまうことがあります。


私たちの治療

お医者様とは違った観点から治療を進めます。

保険医療機関では認められない治療を、ギラン・バレー症候群が起こった原因までさかのぼって治療をします。保険外の治療まで含めて行うので、患者様が一番気になる部分の焦点を合わせて治療を行います。

自律神経のバランスをとります。

サーモ背中
治療前
サーモ背中
治療後

自律神経のバランスが崩れると、免疫機構のバランスも崩れます。
サーモグラフィーで体の状態を観察すると
他の検査で異常が出る前に予兆をとらえることができます。

サーモグラフィーは、放射線のように被ばくの恐れがないので、繰り返し症状の確認ができます。

自律神経のバランスを崩して免疫力が低下すると、手足の温度変化から予兆が出ます。

ギラン・バレー症候群も、手足の麻痺から始まるので、自律神経の異常からの手足の血流の異常をと問えることで、手足の免疫力のバランスを取り戻します。

表情筋の拘縮と病的異常運動を未然に防ぎます。

サーモ顔面
治療前
サーモ顔面
治療後

医療用サーモグラフィーを使うことで、拘縮を起こしている筋肉を発見することができます。
筋肉の状態を確認しながら、顔面神経麻痺の治療ができるので、病的な異常運動を起こすことがなく、効果的に顔面神経麻痺の治療ができます。

また、筋肉の動きの変化をサーモグラフィーで確認することで、将来の顔面神経麻痺の後遺症まで治療をすることができます。

微弱電流で神経線維の回復をします。

顔面神経用のパルスクリップ

顔面神経専用のクリップを使って、顔面神経に微弱な電離流を流します。神経線維の血流を改善できるので、顔面神経が回復しやすくなります。

私たちは長年顔面神経麻痺の治療に取り組んだ中で、顔面神経用のパルスクリップを開発しています。一般的な鍼灸院で使われているワニ口クリップ(左)に比べ、細い鍼を使って顔面神経を効果的に治療することができます。

当院独自の治療

電流刺激療法用軽量クリップ

当院は、電流刺激療法用に独自の軽量クリップを開発しました。
市販のワニ口クリップに比べずっと軽量のため、治療中の電気鍼抜け落ちの恐れがなく、顔面神経など繊細な治療に適しております。

顔面神経を専用に治療する先生方に、患者様の治療効果を上げるために、軽量クリップを販売致します。

詳しくはこちら>>>

遠赤外線レーザーを使って治療をします。

ギラン・バレー症候群の治療/スーパーライザー

治療回数・治療予約・費用について

>>クリックで更に詳しく説明

よくある質問


-鍼治療について-


-整骨治療について-


<<<首痛のお悩みに戻る

長野県須坂市 森上鍼灸整骨院地図
院長 吉池弘明 院長 吉池弘明

副院長/吉池美奈子 副院長 吉池美奈子
顔面神経麻痺のご相談は、私たちにおまかせください。

診療時間

5月
6月
平日 AM7:00~PM7:00
半日 AM7:00~PM3:00
※治療は年中無休です。
※完全予約制となります。
治療のご相談はこちらへ 治療予約お問合わせはこちら
Q&A

整骨治療について 治療について
パンフレット スーパーライザー 薬にたよらない自然派治療 対症療法と原因療法 体の異常を基から治す ストレスで自律神経のバランスが崩れると体の調子が悪化!! <治療メニュー> 4つの保険を使って効果的な治療を すべてのサービスは患者様のために 運営サイト 突発性難聴の鍼治療 特設サイト 不妊症の鍼灸治療 特設サイト 美容の鍼治療 特設サイト 交通事故でむち打ちになったら初めに読むサイト 交通事故<むち打ち症>支援サイト 労災保険治療 特設サイト 腰痛ベルト・骨盤ベルト・膝サポーター・足首サポーター通販【楽天コルセットミュージアム】 医療用の腰痛ベルト、腰痛コルセット、骨盤ベルト、足首サポーター、膝サポーターの販売【コルセットミュージアム】 腰痛ベルト通販【コルセットミュージアム】 骨盤ベルト通販【コルセットミュージアム】 膝サポーター通販【コルセットミュージアム】 足首サポーター通販【コルセットミュージアム】

森上鍼灸整骨院

フリーダイヤル:0120-89-1689受付時間7:00~19:00(日・祝は15時まで)