腰の痛み | 後縦靭帯骨化症
副作用のない自然な方法で、後縦靭帯骨化症の鍼灸整骨治療の専門集団。 後縦靭帯骨化症は、鍼灸治療で治りますか?

後縦靭帯骨化症の鍼治療

ヘルニアだといわれ、手のしびれの治療を受けていました。
念のために撮ったCT検査で、後縦靭帯骨化症だとわかりました。
手術はしたくないので、鍼治療をすることはできますか。(長野市 斎藤 匠様)

はじめまして、森上鍼灸整骨院の吉池です。
長野県で、脊椎の鍼灸治療に取り組んでいます。

後縦靭帯骨化症が原因の首の痛みや手のしびれは、
鍼治療で改善することが可能です。

将来、手の技巧運動障害が出る前に早めに治療と管理をしましょう。
脊椎の運動障害も最小限にとどめることができます。

後縦靭帯骨化症に悩む患者様はご相談ください。
きっと力になれるはずです。 院長 吉池 弘明

後縦靭帯骨化症の特徴

後縦靭帯が厚くなり骨に変わります。

後縦靭帯に石灰がたまる原因は不明です。遺伝的な要素のほかに糖尿病や背骨の外傷が引き金になることがあります。石灰が大きくなって神経を圧迫すると手がしびれたり、足がしびれたり排尿障害や便秘がちになったりします。

脊柱管の広さは人によって違うので、すべての人が後縦靭帯骨化症が原因で手足が麻痺することはありません。ただし、急激な外傷で後縦靭帯骨化症部分に負担がかかると大きな外傷になる恐れがあるので注意が必要です。

後縦靭帯骨化症の検査

器質的な検査と機能的な検査をします。

後縦靭帯骨化症
器質的な検査
器質的な部分については、石灰の状態をCTとMRI検査で確認します。
CTとMRI検査につきましては連携医療機関にて確認します。

後縦靭帯骨化症(治療前)
後縦靭帯骨化症(治療前)
後縦靭帯骨化症(治療後)
後縦靭帯骨化症(治療後)
後縦靭帯骨化症(治療前)
後縦靭帯骨化症(治療前)
後縦靭帯骨化症(治療後)
後縦靭帯骨化症(治療後)
機能的な検査

私たちは、整形外科的な考えを基本にしながら、整形外科の先生とは違った判断と治療に取り組んでいます。サーモグラフィーで足の麻痺の状態を確認します。モアレトポグラフィーを使って背骨の曲がり具合を確認します。 お体全体の動きを大切にした治療に取り組みます。


後縦靭帯骨化症を治す鍼治療

後縦靭帯骨化症を治す

同じ姿勢でいることが続くと背骨が固くなり、後縦靭帯に負担がかかります。 インナーマッスル インナーマッスル
体の奥・関節に近い部分で関節を安定させたり、姿勢を保ったりする筋肉です。デスクワークが続くと固くなることが多く、その結果、後縦靭帯に負担がかかりやすくなります。レントゲンでうつらないため整形外科の先生には問題にされません。また、その結果、長引く背骨の障害も少なくありません。
を治療することで背骨のやわらかさを取り戻します。背骨がスムーズに動くことで、後縦靭帯にかかる負担を軽減します。

後縦靭帯骨化症を治す鍼治療

後縦靭帯を安静にする

首をを、 スポンジカラー A.スポンジカラー
一般的な頚椎カラーを使うと、頚椎が動かなくなったり筋肉が弱くなったりします。その結果、頚椎カラーを外したときに不意の動作で大きな外傷になりやすくなります。スポンジカラーは固定力がすくないので後縦靭帯に負担がかからない最低限度の固定ができます。首の筋肉が過度に弱くなるのを防げます。
で固定します。通常の硬質カラーに比べると、筋力の低下や関節拘縮の心配がありません。首の自然な動きを保ちながら、後縦靭帯にかかる負担を軽減できます。 スポンジカラー B.スポンジカラー
夜間は、枕で首が固定されるので、寝返り動作で後縦靭帯に負担がかかり、石灰がたまることがあります。早期からスポンジカラーを使うことで睡眠時が、頸椎の回復時間になります。
は、睡眠時も含めて24時間使用することで、より効果を発揮します。当院に通院できない患者様は、通販でご購入していただけます。


交感神経の緊張をとる

頚部の交感神経の緊張をとることで、背骨の動きをなめらかにします。ペインクリニックの先生は 星状神経節 星状神経節
首の前にある交感神経の集まりです。緊張すると首、頭、両手の血流が低下します。交感神経の緊張が取れると血流がよくなり筋肉の動きがスムーズになります。
に麻酔をかけますが、私たちはできるだけ体に優しい方法をとるため、スーパーライザーを使います。


スーパーライザーを使った治療

足の麻痺を治療する

後縦靭帯骨化症は、状態の強弱はあるものの、いずれは足の麻痺が出ます。つまずいたり転倒したりすることを避けるため、早めに、足の筋肉と神経を治療して急激な悪化を防ぎます。後縦靭帯骨化症の治療では注目されませんが必要な治療です。


患者様の声

患者様の喜びの声
松本市から通院されているHT様
発症したとき

私は長年、腰と首のヘルニアに苦しんでいましたが、軽視しておりました。しかし、数年前から肩の痛みが発症し、昨年には手の痺れが出てきました。
徐々に首の痛み・手の痺れが酷くなり限界を迎え、仕事に大きく支障が出てきたため、大きい病院に診察に行きました。

診断結果は、ヘルニア及び後縦靭帯骨化症(難病指定)と診断され、信大病院にて即、手術が必要と勧告を受けました。

しかし、手術だけは絶対拒否でしたので、ネットで検索し、救いの手を求め、選ばせて頂いたのが森上鍼灸整骨院さんでした。初回診断時の先生の一言「今なら治せる」の言葉に気持ちが救われました。

現在

鍼治療を始めてから半年が経ち、現在では手の痺れから解消されました。 仕事もスムーズに出来るようになりました。 しかし、病気になった根本的な原因を治すため、継続して治療して頂いております。

治療回数・予約・費用について

>>クリックで更に詳しく説明

よくある質問


-鍼治療について-


-整骨治療について-


<<<首痛のお悩みに戻る

長野県須坂市 森上鍼灸整骨院地図

森上鍼灸整骨院

フリーダイヤル:0120-89-1689受付時間7:00~19:00(日・祝は15時まで)