多系統萎縮症には
鍼治療とリハビリが効果的です

多系統萎縮症には鍼治療とリハビリが効果的です

多系統萎縮症の治療

多系統萎縮症の鍼治療に取り組む鍼灸師スタッフ

更新 2024.01.12

多系統萎縮症は、鍼灸治療で治りますか?

多系統萎縮症は、鍼灸治療で治りますか?新潟県 O.A.

「あなた、なに昼間からお酒を飲んでるの?ふらついてるわよ!」思えばそのころから始まっていたようです。その後、骨折したりオシッコの出が悪くなったり・・・。

いろいろな病院で異常がないと言われたのですが、3年前に多系統萎縮症と診断され、2年後には車いすになると宣告されました。

藁にもすがる思いで鍼灸治療を始めています。
多系統萎縮症は針灸でよくなりますか?

新潟県 O.A. (妻)

治すことはできないのですが、症状が改善する方が多くいます。

多系統萎縮症(MSA)は、治す方法が確立されていない進行性の難病ですが、病気の型に合わせてオーダーメイドの鍼治療をすると、治療後にご家族がびっくりするほど症状が改善する方がいます。

呂律がまわるようになったり、ふらつきが改善されて歩けるようになったりすることが多いです。

鍼灸師 吉池 弘明

多系統萎縮症の鍼治療について

神経の代謝を上げ、自律神経を調整する鍼治療です。

多系統萎縮症の治療に取り組む 長野県 森上針灸整骨院スタッフ集合写真

西洋医学的に治療法が確立されていないような難病に悩まれたり、お薬の副作用でかえってお体を壊したりした患者さまがみえるので、お医者様とは違った角度から検査をして、鍼治療をしています。初診では十分な時間を取って患者様の問診をするので、お困りのことがあったらご相談ください。

当院独自の検査

  • 多系統萎縮症|重心のバランスを調べる検査

    モアレトポグラフィ

    小脳の変性や黒質-線条体の機能が低下すると重心からカラダが傾くことが多いです。早い時期から現れる症状で、転倒しやすくなるので重心からの傾きを調べて鍼治療をします。

  • 多系統萎縮症|自律神経の異常を調べるサーモグラフィの検査

    サーモグラフィ

    多系統萎縮症は、症状が早まる前に自律神経の異常がでることが多いです。自律神経の中枢には体温中枢があるので体表温度の異常を確認しながら鍼治療をします。

  • 多系統萎縮症|脳へ向かう動脈の血流を調べる検査

    エコー検査

    脳への血液の流れに左右差があったり、姿勢により血流量が低下したりすると自然治癒力に影響がでるので、循環器用のエコーで、脳に向かう動脈の血流量を調べて鍼治療をします。