お薬で効果がなかったら
早めに鍼治療をしましょう

お薬で効果がなかったら早めに鍼治療をしましょう

ANCA(アンカ)関連血管炎の治療

副作用のない自然な方法で、ANCA(アンカ)関連血管炎を治療する鍼灸整骨治療の専門集団。

更新中 2024.06.13

ANCA関連血管炎は鍼治療で良くなりますか?

ANCA(アンカ)関連血管炎の治療 神奈川県 A.S.様

現在制作中

神奈川県 A.S.様

現在制作中

現在制作中

院長 吉池 弘明

ANCA(アンカ)関連血管炎の鍼治療について

末梢の血流を改善して血行性の頭痛を改善する鍼治療です。

ANCA(アンカ)関連血管炎の治療に取り組む 長野県 森上鍼灸整骨院スタッフ集合写真

ANCA(アンカ)関連血管炎は原因不明で脳の血管が細くなる病気です。カラダの血圧の変動が脳の血管に負担がかかるので、全身の血流を安定することで拍動性の頭痛や、脳の貧血を防ぐことができます。手術後に続く頭痛にも効果的です。ANCA(アンカ)関連血管炎でお困りのことがありましたら 無料相談 をご利用ください。

当院独自の検査

  • ANCA(アンカ)関連血管炎|重心のバランスを調べる検査

    モアレトポグラフィ

    小脳の変性や黒質-線条体の機能が低下すると重心からカラダが傾くことが多いです。早い時期から現れる症状で、転倒しやすくなるので重心からの傾きを調べて鍼治療をします。

  • ANCA(アンカ)関連血管炎|自律神経の異常を調べるサーモグラフィの検査

    サーモグラフィ

    ANCA(アンカ)関連血管炎は、症状が早まる前に自律神経の異常がでることが多いです。自律神経の中枢には体温中枢があるので体表温度の異常を確認しながら鍼治療をします。

  • ANCA(アンカ)関連血管炎|脳へ向かう動脈の血流を調べる検査

    エコー検査

    脳への血液の流れに左右差があったり、姿勢により血流量が低下したりすると自然治癒力に影響がでるので、循環器用のエコーで、脳に向かう動脈の血流量を調べて鍼治療をします。