膝サポーターで治す
外側半月板損傷

膝サポーターで、外側半月板損傷を治す鍼灸整骨治療の専門集団

外側半月板損傷は、膝サポーターで治りますか?

<外側半月板損傷を治す!>膝サポーター 大阪府 K.T.様

電話でのご注文・お問い合わせは

026-248-1989

受付9:00-17:00(土日・祝を除く)

症状・治療についてのお問い合わせは こちら

学生時代にラグビーで相手と接触してしまい膝を痛めました。その頃、外側半月板が円板状だと言われたのですが、そのまま来ています。この頃、営業で歩くことが多いと膝の外側が痛くなり、こちらに相談をしました。お陰様で、調子がいいです!

大阪府 K.T.様

はじめまして森上鍼灸整骨院の吉池です。
長野県で膝サポーターを使った膝の治療に取り組んでいます。

通常はC字状の外側半月板が円板状だと、膝を痛めやすくなります。C字状よりも中心が厚くなるので、無理がかかるためだと言われています。長く歩くと膝を痛めます。こんな時は、膝サポーターで膝を保護しましょう! 内側側副靭帯用の膝サポーターを代用 すると良くなります。

膝サポーターの使い方にはコツがいります。
わからないことは、ご質問ください。

柔道整復師・鍼灸師 吉池加奈

電話でのご注文・お問い合わせは

026-248-1989

受付9:00-17:00(土日・祝を除く)

症状・治療についてのお問い合わせは こちら

外側半月板損傷で使う膝サポーター


ジャンプ・着地が多い時

エクスエイドニーMCL&LCL
内側荷重にするサポーター
エクスエイドニーMCL&LCL

動きの多い時

エクスエイドニーライトスポーツ3
膝の変形を止めるサポーター
ライトスポーツ3

動きの少ない時

ファシリエイドサポーター
保温する膝サポーター
ファシリエイドサポーター

膝の外側に痛みや引っかかりがある時は、 内側側副靭損傷の膝サポーターを使います。 内側に荷重が移るので外側半月板を保護できます。使い続けることで荷重が変化すると、外側半月板損傷が起こらなくなります。痛みが少ない時は、膝のぐらつきを防ぐ膝サポーターを使います。保温をすると軟骨の回復が高まります。

膝サポーターについて相談する

専門家に相談して良かったです。
ご愛用者様の声 大阪府 K.T.様

ネットで調べても外側半月板損傷の膝サポーターが無かったので相談しました。日本では、円板状半月板損傷が多いそうですが専用サポーターは無いとのことで、 他の疾患の膝サポーターを流用すると良い と紹介してもらいました。やっぱ、プロだと思いました。お陰様で調子が良くなりました。今回は海外出張にそなえて新しいもの注文しました。

大阪府 K.T.様

膝痛を治す膝サポーター

ご購入・お問い合わせ

電話注文も承っております。
定休日は、土日・祝日となります

026-248-1989

受付時間 9:00-17:00(土日・祝除く)

治療のプロがおすすめします

柔道整復師・鍼灸師が、あなたの症状にあった膝サポーターをメールでご提案致します。

長野県須坂市 森上鍼灸整骨院 受付
長野県須坂市 森上鍼灸整骨院 診察
長野県須坂市 森上鍼灸整骨院 カウンセリング

コルセットミュージアムは鍼灸整骨院が運営する膝サポーターの通販サイトです。
医療用の膝サポーター から スポーツ用の膝サポーター まで、治療の現場で使われる膝サポーターをご紹介します。

腰痛を治す腰痛ベルト

骨盤の異常を治す骨盤ベルト

足首痛を治す足首サポーター

カテゴリー

膝膝サポーター

疾患で選ぶ

用途で選ぶ

腰痛腰痛ベルト

疾患で選ぶ

用途で選ぶ

サイズで選ぶ

骨盤骨盤ベルト

用途で選ぶ

足首足首サポーター

用途で選ぶ