腰の痛み|長野市・須坂市|<当院の腰痛治療についての考え方>

副作用のない自然な方法で、腰痛を元から治す鍼灸整骨治療の専門集団。 腰痛が治らないのは、間違ったことをしているためです。
腰痛が治らない患者さまへ
腰痛には原因があるのですが、原因をそのままにして痛みだけを追いかけると、腰痛が慢性化したり、背骨の変形が進んだりします。現在の腰痛治療の問題点と、当院の腰痛治療についての考え方の紹介です。
森上鍼灸整骨院・ホーム> もとから治す腰痛の治療 > 当院の腰痛治療についての考え方

腰痛の原因

■ 腰痛のはじまり

ヘビのおもちゃ椎間板を痛めた腰椎

背骨は竹細工でできたヘビのおもちゃのように、くにゃくにゃ動きます。腰痛は、何らかの原因で腰の一部分だけが動くために起こります。そして痛める部分は椎間板です。椎間板は大きく痛めないと画像で診断がつきません。たとえば、レントゲンでは椎間板は写りませんし、最先端のMRIを使っても、椎間板の繊維の断裂は確認できません。

■ 85%の腰痛が原因不明?


腰痛には、レントゲン検査やMRI検査で異常が確認できる腰痛と、確認できない腰痛があります。 画像診断で異常が確認できる腰痛は、がん、背骨の奇形、骨折、椎間板ヘルニア等で腰痛全体の15%となります。残りの85%は、椎間板が原因と考えられるものの、レントゲン検査やMRI検査で異常が発見できるレベルでないという事で、原因不明の腰痛に分類されます。(腰痛対策‐厚生労働省より)
MRIMRI画像
レントゲン検査やMRI検査は静止画像なので、動作で悪化する痛みを診断するには適しません。将来、動画で撮影できるMRIや椎間板の繊維まで映し出すMRIが開発されれば、原因不明の腰痛は解明されると思います。

腰痛の治療

■ 整形外科の先生の診察

診断する整形外科医整形外科医
がんの転移の中には、転移して骨を溶かすものや、骨を硬化させてしまうものがあります。転移以外でも、ごくわずかですが、脊椎からできるがんもあります。生命に害を及ぼす症状をレッドフラッグと言いますが、整形外科の先生はレッドフラッグを見逃しません。その他、骨折や軟骨に異常があるかを確認します。現在の医療では、痛みは診断を付けるために必要だと考えられているので、生命に危険がない事がわかると、痛みは無用のものとして痛み止めが処方されます。

■ 痛み止め

痛み止めを打つ医師 薬の副作用に悩む患者 痛み止めと副作用

痛み止めを使うと腰痛が慢性化します。痛み止めが悪いわけではありません。痛み止めの使い方が悪いためです。痛みは警告反応で、自動車の警告ランプのようなものです。痛み止めは、警告ランプの電球をとってしまうような行為なので、知らない間に体を壊してしまいます。もし、プロレスラーが痛み止めを使って試合にでたら・・・選手生命が終わります。

■ 痛み止めを使い続けると。


痛みが無く動くことができるので、関節がどんどん壊れます。一定基準まで関節が壊れると、ようやくレントゲンやMRIで確認できるようになります。また、副作用で胃や肝臓にも負担がかかるようになります。
椎間板がつぶれたMRI画像
痛み止めを使って動くと、背骨の変性が進みます。簡単にいうと老化が進みます。背骨は老化することで可動性を犠牲にして支持性を増すという脊椎外科の先生もいますが、老化した背骨を自分自身が受け入れる様になれば腰痛は終息します。
背骨の老化の進行
もし、老化を受け入れずに無理を続けると、脊髄を痛めて歩くことができなくなります。
・・・脊柱管狭窄症の始まりです。

■ 腰痛は脳を壊すこともあります。

脳が原因の腰痛
腰痛を長く持ち続けると、脳の元気がなくなります。脳は痛みを抑制する機能もあるので、脳の元気がなくなるとさらに腰痛が悪化します。

■ 腰痛の行きつく先は、手術か介護保険。


現在の医学はとても進んでいるので、腰の骨を痛めても手術で回復することができるようになっています。ただ、痛めてしまった脊髄神経はもとに戻りません。手術はビルの耐震装置の1つをとってしまうようなものなので、背骨の異常な運動が始まり、違った部分に負担がかかるようになります。
手術
手術をしなければ自分の身の回りのことができなくなるので、介護保険を使って体のケアを受けるようになります。

結果的に、痛み止めを使って治療をすればするほど・・・健康寿命が短くなります!


■ これでいいのか ?・・・と思いました。

古くなったブリキの車
昔と、今は平均寿命が違います。昔に比べると2倍の寿命を享受できるようになりました。
別の言い方をすると、昔の人の2倍の期間、体を使わなければならないという事です!
自動車のように買い替えることができない体ですから、大切に手入れをすることがおすすめです。

当院での腰痛の治療

■ 対症療法と原因療法があります。

腰痛の治療を説明する柔道整復師
対症療法は、痛みをやわらげる治療です。1回の治療に時間がかかず、治療費を安く済ますメリットがあります。原因療法は、腰痛の原因となる部分を全て治療することで腰痛をもとから治す方法です。

一カ月以上にわたり腰痛がある場合は、腰痛の原因療法がおすすめです。


■ 腰痛の対症療法

つぶれた腰の椎間板
腰痛の原因を治すのではなく、痛みを和らげる治療法です。
整形外科や整骨院で一般に行われている保険治療となります。

■ 腰痛の原因療法

腰痛や坐骨神経痛に関連する各部の痛み
腰痛は、一見して腰に関係のないと思う部分が原因で起こります。原因療法では腰の運動連鎖上の関節や筋肉で機能が低下している部分を探して治療をします。運動連鎖が整うと腰だけに負担がかかることがなくなります。
※運動連鎖・・・人間が動くときにはすべての関節が協調して動きます。これを運動連鎖と言います。

■ 原因療法の検査(当院の場合)


運動連鎖の異常はレントゲンやMRI検査では確認できません。当院ではサーモグラフィーとモアレトポグラフィーを使って体の動きの悪い部分や負担がかかっている部分を確認します。腰の運動連鎖上にある異常な部位を全て治療することで腰の自然な動きをとり戻します。

腰痛の原因療法の検査

上の写真は何年も腰痛に悩んだ患者様です。腰痛の原因は、小学生の頃にした左足首の捻挫と、
高校生の時の右膝の捻挫です。自覚症状はありませんが、足をかばうことで背中がゆがんで腰痛が続いていました。

■ 背中のゆがみ

ゆがみで重心がずれた家 腰痛で体がゆがんだ男性 ゆがみが治った家 腰痛が治ったため、体のゆがみも治った男性
腰痛の原因療法をすると自然に背骨のゆがみが治ります。左右の関節と筋肉のバランスが整うことで、重い頭部が自然に重心上にもどるためです。整体のように無理に捻るわけではないので、症状がぶり返すことがありません。

■ 自律神経と免疫

鍼治療を受ける女性
腰痛の原因療法では、全身に鍼治療をするため、体の免疫力が高まります。
鍼治療をすることで自律神経のバランスや、ホルモンのバランスも整います。

■ 鍼灸のプロが集まった鍼灸整骨院です。

風船に鍼を刺す鍼治療の練習
腰の原因療法をする場合は、鍼を少し深く刺すことがあります。鍼治療に関しては繊細な指の感覚が要求されます。当院の鍼灸師はすべて厳しいい研修のうえに治療をすることを許された鍼灸師なので安心して治療を受けていただけます。

■ 3タイプ50種の鍼を使い分けます。

鍼治療の鍼の種類
当院では通常の鍼からグレードの高い3タイプの鍼をご用意しています。原因療法では3タイプ50種類の鍼から症状に一番合った鍼を使って治療します。皮膚が敏感な患者から金属アレルギーの患者様まで安心して鍼治療を受けていただけます。

治療費について

■ 治療範囲により治療費が変わります。

腰痛の原因療法の治療範囲
◇対症療法
治療範囲を抑えて痛みだけにフォーカスした簡易的な治療です。
もとから腰痛を治すことはできませんが、治療費が安価になります。

◇原因療法
痛みと、体の機能、アンチエイジングを含めた本格的な腰痛治療です。
保険の適応できる部位は保険を使い、適応できない部位は1部位290円となります。

※部位は体の部分を解剖学的に区分した範囲です。
※治療例は、もも色を保険治療、薄橙色は自費治療を表しています。
※サーモグラフィー検査後に、対症療法と原因療法のお見積りをお出ししますので、治療範囲をご検討ください。

■ 治療費は部位の合算となります。

使う権利のある保険をすべて使います。
そのうえで、足りない部位は自費治療を積み上げるイメージとなります。

腰痛の原因療法の保険、自費イメージ

◇整骨院の保険・・・急性・亜急性の外傷性疾患で3部位まで保険適応となります。
(鍼治療をする場合、別途、鍼の材料費がかかります。)

◇鍼灸院の保険・・・慢性疾患で2部位まで保険適応となります。
(医師の診断書が必要となります。診断書は当院で手配します。)

◇自費での治療・・・部位に制限なく1部位290円となります。

◇労災保険・・・部位に制限なく無料
(仕事中に発生した痛みに限ります。労働基準監督署への書類手続きは当院で代行します。)
(鍼治療をする場合、別途、鍼の材料費がかかります。)

◇自賠責保険・・・部位に制限なく無料
(交通事故に限ります。相手に過失があれば加害者でも適応できますのでご相談ください。)

健康保険は崩壊しています!

■ 一部の健康保険組合では、保険を使えない場合があります。

厳しいことを言うのは一部の健康保険組合だけです。
他の健康保険で認めている事は、認めてもらうように訴え続けましょう。

患者をいじめる健康保険組合

◇整骨院と鍼灸院の保険の併用
個別に条件を満たすと、整骨院の保険と鍼灸院の保険を両方使えます。(厚生労働省)
当院では厚生労働省の方針に沿って保険治療を進めておりますが、日本金型工業健康保険組合、長野電鉄健康保険組合では両方の保険の併用を認めていただけません。
今後も、適正な運営をされるように訴え続けますが、現状では両組合の患者様は、健康保険を使った鍼灸治療をお断りしています。あらかじめご了承ください。

◇執拗な施術照会
健康保険は、すべての国民が平等でなければいけないのですが、一部の健康保険組合が執拗な施術照会をすることで患者様の通院抑制をしています。施術照会は、治療部位が3部位以上、治療回数が一カ月15回以上、治療期間が三カ月以上の患者様を対象としています。

施術照会は、委託を受けた別会社がしています。費用の面もあるらしく、キャンペーンをかけるように一定期間に集中して施術照会が行われます。

公的な意味合いの強い協会けんぽや国保では、患者様からのクレームが直接届くので運営は公平です。健康保険組合は、会社の保険のため、患者様がクレームを言えずに泣き寝入りすることがほとんどでした。しかし、この頃では厚生労働省に訴える患者様が増えています。

反撃する羊
審査請求や再審査請求は簡単にできます。もし、健康保険の保険支給に意義があったら、審査請求や再審査請求をするようにしましょう。

審査請求をする場合はこちらで相談下さい。
関東地方厚生局・・・☎048-740-0711
※審査請求は保険者側に有利に働きます。不満がある場合は再審査請求までしましょう。
※分からないことがありましたら、当院でも対応しますのでご相談下さい。

こんな整骨院・鍼灸院は要注意!

■ 要注意な整骨院

要注意な整骨院
この頃は整骨院が増えて、コンビニより多い状況です。経営難で廃業ラッシュとなっています。要因は、しっかりした研修制度がないうえに、開業だけを目的とした学生が増えているためです。そうした整骨院では集客のために宣伝合戦をしています。

整骨院や病院には、法的な宣伝広告の規制があります。良い整骨院と悪い整骨院の見分け方は、宣伝広告で違反をしているかを目安にするといいでしょう。知らないで違反をしていても、知っているのに違反をしていても、いずれも問題です。

黄色の部分は全て違法です。駅前やスーパーでティッシュを配るようなスタッフがいる整骨院も注意しましょう。

■ 要注意な鍼灸院

要注意な鍼灸院
鍼治療は繊細な指の感覚を必要とします。マッサージをすると指をつぶしてしまい繊細な鍼治療ができません。先生が一人で鍼治療とマッサージの両方をしている鍼灸院は注意しましょう。
<<<もとから治す腰痛の治療に戻る

長野県須坂市 森上鍼灸整骨院地図
院長 吉池弘明 院長 吉池弘明

鍼灸師 小泉有基 鍼灸師 小泉 有基
腰痛のご相談は、私たちにおまかせください。

診療時間

5月
6月
平日 AM7:00~PM7:00
半日 AM7:00~PM3:00
※治療は年中無休です。
※完全予約制となります。
治療のご相談はこちらへ お問い合わせははこちらへ <腰痛ベルトで治す>腰痛の治療 整骨院の施術照会でお困りの方へ
Q&A

治療について 治療について
パンフレット 痛み止めにはたよらない! 薬にたよらない自然派治療 対症療法と原因療法 レントゲンで異常のない痛みを治す ストレスで自律神経のバランスが崩れると体の調子が悪化!! 痛みは体が壊れていくサインです。 体の異常を基から治す 健康寿命を延ばそう 加齢と老化は違います 治療メニュー 4つの保険を使って効果的な治療を 3タイプの鍼をご用意しました 運営サイト 突発性難聴の鍼治療 特設サイト 不妊症の鍼灸治療 特設サイト 美容の鍼治療 特設サイト 交通事故でむち打ちになったら初めに読むサイト 交通事故<むち打ち症>支援サイト 労災保険治療 特設サイト 腰痛ベルト・骨盤ベルト・膝サポーター・足首サポーター通販【楽天コルセットミュージアム】 医療用の腰痛ベルト、腰痛コルセット、骨盤ベルト、足首サポーター、膝サポーターの販売【コルセットミュージアム】 腰痛ベルト通販【コルセットミュージアム】 骨盤ベルト通販【コルセットミュージアム】 膝サポーター通販【コルセットミュージアム】 足首サポーター通販【コルセットミュージアム】

森上鍼灸整骨院

フリーダイヤル:0120-89-1689受付時間7:00~19:00(日・祝は15時まで)