かかとの痛み|長野市・須坂市|<三角骨障害を治す鍼灸治療>
副作用のない自然な方法で、三角骨障害を治す鍼灸整骨治療の専門集団 三角骨障害は、鍼灸治療で治りますか?
かかとの痛みでお悩みの患者様へ
当院ではサーモグラフィーとエコーを使って、体の活動レベルから足首の痛みを治す試みをしています。
未病を治す東洋医学的な発想で治癒力をあげ、手術に頼らない方法で<かかとの痛みをもとから治す!>鍼灸治療の提案です。

三角骨障害

三角骨障害

三角骨はアキレス腱の前に出来た小さな骨です。
おおむね、10パーセントの人にあります。

三角骨障害は、三角骨が足の関節に挟まる足首の障害です!

三角骨障害の症状

三角骨障害/X線検査
ふくらはぎに力を入れて、つま先を伸ばすと
かかとに痛みがでます。
痛みの場所は、内くるぶしとアキレス腱の間あたりです。

初めは、つま先を伸ばした時だけ痛みますが・・・、
悪化すると足首を曲げて伸ばしても痛みます。

三角骨障害をもとから治す!


三角骨障害は三角骨が足首に挟まれ起こりますが、
三角骨が挟まる原因は、筋肉と関節のバランスの悪さです!

関節がすべて自然に動き、
筋肉の緊張の左右差が無ければ、
三角骨障害は起こりません!

 

三角骨障害を治す鍼灸治療


サーモ画像 サーモ画像

鍼治療は、体の奥の部分を人工的に傷つけます。
傷つけられた体は、治癒力を総動員して鍼の傷を治そうとします。

足首の自然治癒力が目覚める瞬間です!
適度運動療法を加えることで、コラーゲンが再生して靭帯の機能が戻ります。

体の異常のある関節と筋肉を鍼治療することで、関節の運動連鎖が整えば、三角骨のインピンジメントが起こらなくなります。
足のツボ 鍼灸師
※インピンジメント・・・衝突、挟み込み

足首サポーターを使うとさらに効果的に足首痛を治せます

足首サポーターが足首の治る力を守ります

負傷部分を足首サポーターで補強することで、足のグラツキを防止できます。
症状にあった足首サポーターを使うことで、再生力が高まります。

当院では、日本最大の足首サポーター通販サイト【コルセットミュージアム】を運営していますので、効果的な足首サポーターを提案できます。

腰や膝に負担のかかる時は、
腰痛ベルトや膝サポーターも併用します。

■ 足首を伸ばすと痛む時は、前後のズレを防止する足首サポーターをご使用ください
■ 調子がいい時は、薄手の足首サポーターをご使用ください
■ 練習の時は、アキレス腱を補強する足首サポーターをご使用ください。

-三角骨障害をもっと詳しく-


三角骨障害

左足首 左足首捻挫後遺症
距骨の後ろに過剰に骨ができた状態です。
仮骨部分が分離していることもあります。 バレエやサッカーで足関節を強制的に伸ばすと、足首の骨と、かかとの骨に挟まれて痛みが出ます。骨と骨がぶつかって痛みがでるので足関節後方インピンジメント症候群という言い方もされます。

インピンジメント・・・衝突、激突


三角骨障害の症状


左右の足首を比べると、痛みがある足首では、つま先をを伸ばすことができなくなります。強制的に伸ばそうとすると、足首が痛みます。

痛む部分は、足首の内側で内くるぶしと、かかとを結んだ線の中点となります。

つま先を伸ばすことが無ければ痛くありません。

インピンジメントを繰り返すと、過剰仮骨が更に大きくなったり、周辺の組織が厚くなったりうして、徐々につま先を伸ばせる範囲が狭まります。

※つま先立ちになる動作を足関節を曲げる(足関節の屈曲、底屈)、つま先を上げる動作を足首を伸ばす(足関節の伸展、背屈)といいます。

三角骨障害の検査


モアレトポグラフィー
背中のゆがみ状態を確認します。画像の白線は重心線となります。三角骨障害は片足に重心がかかる程、起こりやすくなります。かばって痛みの出る場所や三角骨障害が基から治ったかを確認できます。

サーモグラフィー
三角骨障害の炎症程度や、三角骨障害をかばって無理がかかっている場所を確認できます。足の血流状態も観察できるので、将来、足がけがをしやすいかを想定できます。対象療法でなく東洋医学的な原因療法の判断をするのに最適です。当院で撮影できます。

エコー
X線では写らない、筋腱、靭帯、軟骨の状態を確認できます。被爆の危険がなく、関節を動かした状態でも負傷個所を確認できるので、三角骨のインピンジメントの判断をするのにおすすめです。当院で撮影できます。

X線検査
三角骨障害/X線検査
三角骨障害の検査で必須です。三角骨の大きさを確認するだけでなく、骨を脆弱化させる病気があるかもふるい分けできます。

MRI検査
三角骨障害の検査では通常行いません。連携医療機関で撮影します。

CT検査
X線の画像をコンピューターで処理します。X線検査で骨折があるか確認できない場合行います。体を輪切りして撮影しますが、この頃は画像解析技術が発達して、3Dで画像を見ることができるようになったものもあります。連携医療機関で撮影します。

三角骨障害の治療


表面的な症状の緩和を目的とした対症療法と、症状の原因そのものを制御する原因療法があります。
※対症療法の意味についてはこちら>>>

対症療法


安静
足首の再悪化を防ぐために安静にします。
運動時は、足首が屈曲しないようにテーピングで固定します。

薬物療法
痛み止めを使うと、かえって無理をするために悪化することがあります。
通常は湿布を使います。

手術療法
痛みが強い場合は、三角骨を手術で取り出します。

当院での治療


当院では三角骨障害の治療について、足首本来の対症療法に加えて足首の機能をとり戻す原因療法に取り組んでいます。

サーモグラフィー、モアレトポグラフィーを使い重心バランスと筋肉の運動量から三角骨障害が起こった原因を治療します。ほとんどの場合、筋肉や関節のバランス異常が原因で、三角骨の存在する部分に集中することが現認で起こります。

エコーを使って三角骨部分の圧迫を特定してソフトテーピングをすることで患部の回復をはかります。

効果的なサポーターを使い機能の回復をします。

鍼治療
当院では、西洋医学の代替医療として鍼灸治療に取り組んでいます。
鍼灸治療をすることで、三角骨回りの治癒力が高まります。

足首捻挫を早く治すコツ


痛み止めを使わないことが大切です!

ふくらはぎに力を入れると三角骨障害が悪化します。
外くるぶしと、内くるぶしの間を中心につま先を伸ばすと負担がかかりません。

股関節の柔らかさに左右差があると、片側の三角骨に負担がかかります。
股関節のストレッチをして、左右同じように動くことができれば、三角骨の負担が軽減できます。

三角骨障害の治療費

足首痛を治す治療部位
解剖学的に体を区分けした部分を部位といいます。

対症療法と原因療法があります。

対症療法

痛みの緩和を目的とした部分的な治療です。治療範囲は、保険の適応できる1部位~3部位の範囲になります。

初診でおおむね4,000円~5,000円程度、2日目以降は150円~1,000円程度となります。

原因療法

体の機能をとり戻して元から治す治療です。通常、両足~背骨全体を治療するので治療部位は16部位~となります。

各種保険の中から保険を使える部分は使い、保険の適応しない部位については、1部位290円となります。

初診でおおむね8,000円~10,000円程度、2日以降は4,000円~6,000円程度となります。

治療費  (詳しくはこちら>>>)
整骨院の健康保険 1~3割
鍼灸院の健康保険 1~3割
労災保険 無料
自賠責保険 無料
保険適応外 1部位290円
検査費用
サーモグラフィー 1,080円
モアレトポグラフィー 540円
筋電計 1,080円
材料費  (資料はこちら>>>)
スタンダードタイプ 1本17円
ハイグレードタイプ 1本21円
オリジナルタイプ 1本26円
三角骨障害の鍼治療費
鍼治療は体の奥からじっくり治す優れた治療方です。臨床経験が豊富なスタッフがチームを組んで治療にあたりますので、安心してご来院下さい。



※各種の保険の中から、1番効果的な保険を提案します。 詳しくはこちら>>>
※治療費は、検査費用、材料費を含んだ費用となります。
※治療前に必要に応じて治療見積もりをお作りします。

三角骨障害の治療の鍼の種類について

当院では、ご要望に応じて3種類の針をご用意しております。
1回の治療におおよそ20~30本の鍼を使用します。
スタンダード→ハイグレード→オリジナルにいくほど、痛みはより少なく体に優しくなります。

スタンダードタイプ(中国製)

三角骨障害の治療用鍼 スタンダードタイプ 中国製 100倍に拡大した画像
三角骨障害の治療用鍼 スタンダードタイプ 中国製 10000倍に拡大した画像

普通の鍼灸院で使われているタイプの鍼です。鍼先の研磨方法が簡易的になっています。鍼を多く使う方、鍼になれた方におすすめです。

ハイグレードタイプ(日本製)

三角骨障害の治療用鍼 ハイグレードタイプ 日本製 100倍に拡大した画像
三角骨障害の治療用鍼 ハイグレードタイプ 日本製 10000倍に拡大した画像

鍼先の研磨にスタンダードタイプの3倍の時間をかけました。医療用シリコンが塗られているので抵抗が少なく、皮膚に負担がかかりません。

オリジナル(日本製)

三角骨障害の治療用鍼 オリジナルタイプ 日本製 100倍に拡大した画像
三角骨障害の治療用鍼 オリジナルタイプ 日本製 10000倍に拡大した画像

鍼灸のプロがこだわって作った鍼です。皮膚の弱い方、過敏な方、金属アレルギーのある方、細かい刺激操作が必要な方におすすめです。

<<<足首痛のお悩みに戻る

長野県須坂市 森上鍼灸整骨院地図
院長:吉池弘明 院長 吉池弘明

足首痛担当鍼灸師 相良 明範 鍼灸師 相良 明範
足首痛のご相談は、私たちにおまかせください。

診療時間

5月
6月
平日 AM7:00~PM7:00
半日 AM7:00~PM3:00
※治療は年中無休です。
※完全予約制となります。
治療のご相談はこちらへ 長野県 腰痛治療 予約お問合わせ 整骨院の施術照会でお困りの方へ
Q&A

鍼灸治療について 鍼灸治療について
整骨治療について 整骨治療について
パンフレット レントゲンで異常のない痛みを治す ストレスで自律神経のバランスが崩れると体の調子が悪化!! 痛みは体が壊れていくサイン 軟骨のすり減りを防ぐには 対症療法と原因療法 痛み止めにはたよらない! 体の異常を基から治す 薬にたよらない自然派治療 治療メニュー 4つの保険を使って効果的な治療を 3タイプの鍼をご用意しました 運営サイト 突発性難聴の鍼治療 特設サイト 不妊症の鍼灸治療 特設サイト 美容の鍼治療 特設サイト 交通事故でむち打ちになったら初めに読むサイト 交通事故<むち打ち症>支援サイト 労災保険治療 特設サイト 腰痛ベルト・骨盤ベルト・膝サポーター・足首サポーター通販【楽天コルセットミュージアム】 医療用の腰痛ベルト、腰痛コルセット、骨盤ベルト、足首サポーター、膝サポーターの販売【コルセットミュージアム】 腰痛ベルト通販【コルセットミュージアム】 骨盤ベルト通販【コルセットミュージアム】 膝サポーター通販【コルセットミュージアム】 足首サポーター通販【コルセットミュージアム】

森上鍼灸整骨院

フリーダイヤル:0120-89-1689受付時間7:00~19:00(日・祝は15時まで)